ハーフ&ハーフでラウンドしてみた その1

この記事は約5分で読めます。

記念すべき第1回ハーフ&ハーフゴルフのラウンドレポート。

川口市浮間ゴルフを中心にラウンドし、1人でハーフ&ハーフゴルフをした結果を紹介していくコーナーです。

スポンサーリンク

ハーフ&ハーフゴルフとは

ハーフ&ハーフとは、9ホールを7本のクラブで回るスタイルです。

メリットなど別記事でまとめています。少々長い記事ですがこちらもご覧ください。

ラウンドレポート

日時:2020年 6月27日

場所:川口市浮間ゴルフ場

天候:曇り

使用クラブ7本:7W, 7i, 9i, PW, 50°, 56°, PT

※所有クラブ一覧(この中から7本を選択していきます)
  • 1W テーラーメイド M4 9.5° (Shaft : 純正 Flex : S)
  • 5W キャロウェイ X HOT 19° (Shaft : 純正 Flex : S)
  • 7W ツアーステージ ファイズ 21° (Shaft : 純正 Flex : S)
  • 5U 本間ゴルフ TW727 25° (Shaft : Speeder Evo Ⅱ 569 Flex : S)
  • 5i~PW ミズノ MP-54 (Shaft : 島田ゴルフ K’s NINE Flex : S)
  • 50° タイトリスト ボーケイ SM7 (Shaft : DG S200 Flex : S)
  • 52° タイトリスト ボーケイ SM4 (Shaft : DG S200 Flex : S)
  • 56° タイトリスト ボーケイ SM6 (Shaft : DG S200 Flex : S)
  • 58° タイトリスト ボーケイ SM5 (Shaft : DG S200 Flex : S)
  • PT オデッセイ White Hot Pro Rossie

以降表示する数値はGPSでの測定距離のため、多少の誤差があります

また、グリーンオンした後のメートル数は計測対象外としました(スロープレー回避のため)

結果

※( ) 内の数字はパット数ではなく100ヤード以内の打数

1H パー4 345ヤード

【特徴】大きく右にドッグレッグ。ショートカットを無理に狙うとクリークにつかまる。

【今回のサマリー】ティーショットの7Wが少しつかまり左へ。セカンドが届かないと判断しクリーク手前にレイアップ。グリーンオーバーしたものの、寄せワンでボギー。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17W165180
29i10080
356°85-5
456°5オン
5PT
6

2H パー4 235ヤード

【特徴】距離が短く、男性は7アイアン以下のクラブ指定というローカルルールあり。

【今回のサマリー】ティーショットの7アイアンは完ぺきだったが、セカンドで痛恨のダフリ。次もグリーンオーバーしたが、アプローチのパターがまさかのカップイン。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17i15475
256°4530
356°36-6
4PT6カップイン
5
6

3H パー4 285ヤード

【特徴】左ドッグレッグ。右に池がある。

【今回のサマリー】見事にティーショットの7Wがスライスして池に入る。3打目で1.5メートルまで寄せるも、残念ながらそこから2パット。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17W165
21ペナ120
39i120オン
4PT
5PT
6

4H パー4 270ヤード

【特徴】距離が短く真っすぐ。3番ホールと隣り合わせの折り返しで、同じく右側が池。

【今回のサマリー】ティーショットが当たりそこなって90ヤードしか飛ばず。続けて7Wは危険と判断し、7アイアンでレイアップ。3打目で奥に乗せ、そこから2パット。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17W90180
27i14040
356°45オン
4PT
5PT
6

5H パー4 275ヤード

【特徴】左ドッグレッグ。3番ホールに似たレイアウト。

【今回のサマリー】ティーショットをまたもや当たりそこないで90ヤード。7アイアンでレイアップ→乗せて2パットという全く同じ展開。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17W90185
27i15035
356°38オン
4PT
5PT
6

6H パー3 140ヤード

【特徴】川沿いのため風の影響を受けやすい。グリーンは砲台で乗せにくい。

【今回のサマリー】アイアンがしっかり打てている日だったので、7アイアンでは大きいと思いクラブを短く持ったが、それでも10ヤードのオーバー。なんとか乗せて2パット。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17i150-10
256°13オン
3PT
4PT
5

7H パー4 410ヤード

【特徴】最も距離があるパー4。左が川の為OB。

【今回のサマリー】最長クラブが7Wのため最初から2オンを断念。セカンドで完璧な位置にレイアップ。ピン位置が手前だったため花道に落とし、そこからパターでアプローチし1パット。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17W165235
27i15385
356°805
4PT5オン
5PT
6

8H パー5 500ヤード

【特徴】唯一のパー5。グリーン手前は大きくバンカーが待ち構える。スカイツリーに向かって打つティーショットは格別。

【今回のサマリー】セカンド終えた時点での残距離が150ヤード。7アイアンでギリギリ届く距離だが、ショートしてバンカーに入るリスクを回避するためレイアップ。4オン2パット。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
17W167326
27W170160
37i12340
456°42オン
5PT
6PT
7

9H パー3 135ヤード

【特徴】前後左右4か所にバンカーが点在。入れないように注意。

【今回のサマリー】7アイアンでは大きく9アイアンでは短いという状況。アイアンの当たりが良い日だったので9アイアンのジャストミートにかけたが、残念ながら10ヤード足りず。60センチに寄せてパーで終える。

打数クラブ飛距離(y)残距離(y)
19i12510
250°10オン
3PT
4
5

総評

初めてのハーフ&ハーフゴルフ。終わってみればPWを一度も使っていないことに気づきました。

コース全体の距離の短さに助けられた、という印象です。

コースマネジメントをきちんと考えれば大崩れはしないということが確認できました。

次回のラウンドレポートをお楽しみに。


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に

にほんブログ村のランキングに参加中です クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
人気ブログランキングに参加中です クリックで応援お願いします!

ハーフ&ハーフゴルフ
\この記事をシェアする/
\ダイキチをフォローする/
スポンサーリンク
明日100を切るために今できること