「風の大地」の舞台でラウンド

この記事は約3分で読めます。

ゴルフ漫画「風の大地」をご存じですか?ゴルフ好きの方であれば一度は見たことあるかもしれませんね。

その漫画の舞台となった鹿沼カントリー倶楽部で初めてプレーしました。

簡単なラウンドレポートと、印象に残ったこと3点を紹介します。

スポンサーリンク

スコアは上々

ベストスコアには遠く及びませんが、コロナ明けのラウンドでは最も良いスコアでした。80台も見えていましたが、まだまだですね。

でも収穫もたくさんあったラウンドで、上々でした。

45/46の91

回ったのは南IN→黄金コースでした。てっきり南OUTに行くものかと思いきや、北OUT→北IN→南OUT→南IN→黄金の順番に回るようです。

南INが45、黄金が46、合計91で惜しくも80台ならずでした。

次こそ80台を目指します。

100ヤード以内の打数は合格

私がいつも良し悪しの指標にしている「100ヤード以内の打数」

今回は24/25で目標の54(1ホールあたりの100ヤード以内の打数3×18ホール)に対して49。

シャンクも出ず、ショートゲームは上々の結果です。


私は100ヤードの打数を記録する代わりに、グリーン上のパット数は気にしていません。パット数だけでは本質が見えなくなると思っているからです。

やはり課題はドライバー

現在飛距離アップに挑戦中です。リシャフトもして意気揚々と挑みましたが、やはりまだまだすぐに結果を出す事はできませんでした。

最大飛距離225ヤードという結果。

そして球が暴れ、3度のOBを出してしまいました。

でも手ごたえもありました。これからも練習を続けていきます。

ボールを3つ無くす

今回のラウンドから、ボールにパッティングラインを書いてみました。詳しくはコチラ。

エースボールであるスリクソン Z-STARの新品3個に線を書きましたが、前述の通りOB3発ですべて森の中へ…

せっかく書いたのに…

ランチはもちろんコレ

「風の大地」のストーリーの中で、宇賀神さんという方が主人公の沖田圭介のためにステーキサンドを作るというシーンがあります。

レストランではそのステーキサンドをモチーフにしたメニューがありました。

一度食べてみたいと思っていたので夢がかないました。

めちゃくちゃボリュームがあります!

文字通り、はみ出る分厚いお肉に分厚いパン。スープとサラダとつけあわせと、デザートにソフトクリームまでついて、大満足の一品です。

美しい南17番

フェアウェイ中央にそびえ立つ一本の木。あいにくの天候でしたが、晴れていればとてもキレイな景色だったでしょう。

ティーショットは見事に木の手前に落ちてセカンドでスタイミーになりましたが、そんなことすらどうでもよくなるほど美しいコースレイアウトでした。

スタッフさんのさりげないホスピタリティ

最後に最も印象に残ったことを紹介します。

ゴルフ場についた時、門をくぐった後に左手にコースメンテナンスをされているスタッフの方がいました。

何気なく車の窓からみていると、なんとその方は手を止めてこちらに体を向けて帽子を取り、深々と一礼。

まさかそんなことをしていただけると思わなかったので、返って恐縮してしまいました。

でも、着いた時からとても温かい気持ちになり、終始気持ちよくラウンドできました。

きっとその方にとっては何気ない挨拶だったのでしょう。でもその何気ない行動が我々ゴルファーを心地よくしてくれたのです。

「また来たい」

そう思える素晴らしいゴルフ場でした。

栃木県鹿沼市にある鹿沼カントリー倶楽部、ぜひみなさんも一度訪れてみてはどうでしょうか。


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に

にほんブログ村のランキングに参加中です クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
人気ブログランキングに参加中です クリックで応援お願いします!

体験レポート
\この記事をシェアする/
\ダイキチをフォローする/
スポンサーリンク
明日100を切るために今できること