パーの数字を書き換えちゃいましょう 【100切りレッスン】

この記事は約4分で読めます。

「書き換える?どういうこと?」

安心してください。決して悪いことをしましょうと言っているわけではありません。

「パーで上がらなきゃ」

そんなプレッシャーで自分のプレーを見失わないようにするため、自分自身のパーを決めてしまいましょう。

これをするだけで、気楽にラウンドできるようになりますよ。

スポンサーリンク

パーの数字を書き換えよう

ゴルフ場が設定したパーの数字はあくまで参考。

当たり前ですが、「絶対その打数で回りなさい」という数字ではないのです

だったら、目標に沿って自分が決めた自分なりのパーでプレーしたっていいと思うんです。

100切りにはボギーで十分

別の記事でボギー9回とダブルボギー9回で99になる、つまり100切りできると書きました。

全てボギーで回ると90です。

もしあなたが100切りを目指すのであれば、すべてのパーの値をまず+1させてしまいましょう。

スコアカードのパーの数字を鉛筆で塗りつぶして、パー4ならパー5にしてしまうのです。

「ここ苦手だな」「距離長くて難しそうだ」と感じたら+2でもOK。

自由に設計しちゃいましょう。

オール6で100切り達成!?

ちなみに、久富章嗣さん著書の「逆説のゴルフ」でも以下のように提言しています。

オール6でパーを設定すれば、あら不思議!?100切り達成

久富章嗣・著「逆説のゴルフ」より

もちろん、すべてのホールがパー6では108になるので100切り達成できませんが、久富さんなりの100切りへの考えがそこにはあります。

詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

5打でOKと考えれば気がラク

なぜプレッシャーを感じてしまうのか。なぜミスしてしまうのか。なぜミスを取り返そうと考えてしまうのか。

それは、根底に「決められたパーの数字で上がらなければならない」と無意識に考えてしまってるからではないでしょうか。

+1なり+2でOKと考えることができれば、プレーにも余裕が出てくると思うのです。

まとめ

パーの数字を自分なりに書き換えて、プレッシャーを減らしていきましょう。

POINT
  • すべて+1にしてパー90
  • 苦手なホールはさらに+1
  • 自分の目標に沿って自由に書き換える

ゴルフは技術とメンタルのスポーツ。

レギュレーションに囚われず、自分なりの「パー」を考えてみましょう。


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に

にほんブログ村のランキングに参加中です クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
人気ブログランキングに参加中です クリックで応援お願いします!

ゴルフ 100切り スコアアップの考え方
\この記事をシェアする/
\ダイキチをフォローする/
スポンサーリンク
明日100を切るために今できること