ダイキチゴルフブログ 100切り応援 練習編

練習方法

レッスンに行くなら早いほうが良い

ゴルフのレッスンに行こうか迷っている方へ。レッスンを受けたいと思っているのであれば早いほうが良いです。8年ぶりに2度目のレッスンに通い始めた私の体験談を交えて紹介します。
練習方法

初心者におすすめなレッスンのタイプは

ゴルフレッスンにもいくつかタイプがあります。私の経験から、初心者の方へおすすめなレッスンタイプを紹介します。やはり長い目で見て受け続けられるものが一番おすすめです。
練習方法

ゴルフの練習中に何をやってもダメなときは

せっかく練習に来たのに何やってもダメなときってありますよね。練習を続けるべきか、切り上げるべきか。Twitterでのアンケート結果も添えて私の考えを紹介します。
練習方法

自分に合わない練習方法は止めてヨシ 100切りレッスン

今あなたはどのようにゴルフの練習をしていますか?もし今しっくりこないと感じているのであれば、きっぱりそのやり方を止めて方法を変えてしまいましょう。あなたに合った教材やコーチを探すことも効果的な練習の1つです。
ゴルフ 100切り

全てのアイアンで100ヤードを打ってみよう 【100切りレッスン】

アイアンのミート率を上げていく方法を紹介します。ふだんの練習場で簡単にできるので、ぜひやってみてください。やることはただ1つ。アイアンの全ての番手で100ヤードを打つ。ミート率が向上することに加えて、さらに2つのメリットがあります。
練習方法

マットの人工芝が薄い! さあどうする?

ゴルフレンジに行くと人工芝が一部だけ薄くなってるマットを見かけます。キレイな芝で打ちたいという気持ちもありますが、薄くなってるマットもいい練習ができるんです。様々な方の意見も織り交ぜて解説します。
ゴルフ 100切り

バンカーショットを想定した普段の練習方法 100切りレッスン

バンカーで何度も叩くとその後のやる気がなくなってしまいますよね。ダフリ過ぎてチョロしたり、トップしてアゴにぶつかったり。代表的な2つのバンカーを想定した練習方法を教えます。めちゃくちゃシンプルです。
ゴルフ 100切り

100切りの為のイメトレ 練習場で仮想ラウンドしよう

練習では良い球が打てるようになってきたけど、どうしてもラウンド本番では緊張してミスしてしまう。こんなことありますよね。「練習は本番のように。本番は練習のように」。練習場で本番をイメージした仮想ラウンドをやってみましょう。
ゴルフ 100切り

100切りするためのパター練習 【結論】パターマットを買いましょう

3パットや4パットを減らすためにはとにかく練習!パターは唯一家で気軽に練習できるクラブです。ぜひパターマットを買って、家でひたすら練習してください。理論よりも繰り返しの練習と考え方であなたのスコアは減らせます!
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
\ダイキチをフォローする/