スタート前に絶対やるべき4方向パッティング練習 【100切りレッスン】

この記事は約2分で読めます。

スタート前にパターの練習ちゃんとしていますか?100切りの為にスコアアップさせたいのであれば、絶対にスタート前に練習するべきです。

ゴルフ場の練習グリーンは、本番と同じコンディションのグリーンで自由に練習できるのが良い所。

それを利用しないのはもったいないです!

100切りの為のパッティングに必要な2つのポイントの記事でも紹介しましたが、練習グリーンでのオススメ練習方法が2つあります。

今回はその2つのうちの1つ、「4方向からのパッティング練習方法」を紹介します。

これを読めば2メートル前後の微妙な距離に自信が持てるようになります。

スポンサーリンク

スタート前に絶対やるべき4方向パッティング練習

4方向パッティング練習のやり方

やりかたは至ってシンプルです。

練習グリーンのカップに対して半径1~2メートルの円をイメージし、0時・3時・9時・12時の位置から2球ずつ打ちます。

できるだけ傾斜がある面のカップがおすすめです。

2球とも入ったら次の位置へ移動し、全8球を連続でクリアしたらOKです。

たった8球と思いましたか?侮るなかれ。これが意外と難しいのです。

この練習の利点

まず、上り・下り・フック・スライスの全てのラインを同じ距離で打てるというのが利点です。

同じ2メートルでも、上りと下りでは全然違いますからね。それをスタート前に把握しておくのです。

もう一つは8球連続で入れなければならないというプレッシャーです。

もちろん楽しいゴルフが大前提なので過度なプレッシャーはNGですが、「ここは決めたい!」というパットの時にこの緊張感が必ず役に立ちますよ。

注意点

練習グリーンのカップ周りを占拠してしまいがちなので、混雑しているときは控えたほうが無難です。

その場合はもう1つの練習方法の”ボール2個を使ったラウンド直前のパター練習法”がオススメです。

こちらからご覧ください。


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に

にほんブログ村のランキングに参加中です クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
人気ブログランキングに参加中です クリックで応援お願いします!

ゴルフ 100切り パット
\この記事をシェアする/
\ダイキチをフォローする/
スポンサーリンク
明日100を切るために今できること