一番やってはいけないことを避けよう 【100切りレッスン】

この記事は約3分で読めます。

ボールを打つ直前にあなたが考えることはなんですか?

250ヤード超のフェアウェイど真ん中にティーショットするイメージでしょうか。

それとも高い弾道で1ピンに寄せるイメージでしょうか。

良いイメージを考えることはもちろん大事。

でも、もっと大事なことは「一番やってはいけないことは何か」を考えておくことです。

自分のショットの許容範囲を広げておくことで、ショットに向かう気持ちに余裕が生まれ、結果的にスコアアップにつながりますよ。

スポンサーリンク

一番やってはいけないことは何か

今あなたはセカンドショットを打つところです。

写真のようなシチュエーションで、あなたが考える「一番やってはいけないこと」はなんでしょうか。

正解はありません。あなたが直感で思ったことがあなたの答えです。

一般的な答えは、

  • ショートして手前のバンカーに入れる
  • トップして奥の海に入ってしまう

といったところでしょうか。

やってはいけないことをやらないために

では、バンカーに入れること=一番やってはいけないこと、として話を続けましょう。

写真で見る通りバンカーのアゴが高く、とても一発で出せそうもありません。

ここに入れないために考えられる方策をあげてみましょう。

  1. ピンを狙わず、バンカー両脇のどちらかを狙う
  2. 少しショートしてもバンカーに入らないよう、クラブの番手を上げる
  3. バンカー手前にレイアップする

どれも有効なマネジメントだと思います。

どれが正解というわけではなく、残り距離やあなたの得意クラブによっても変わってくるでしょう。

ここで伝えたいことは、最悪のケースから逆算すると多くの選択肢が生まれ、より安全なマネジメントを考える頭になるということです。

この状況でピン1点だけを見ているとそのことに気づかず、ただ打ってただショートしてバンカーに入ってしまって「あぁ〜、ミスっちゃったぁ〜」と嘆くのです。

それはショットのミスではなく、マネジメントのミスと言えるでしょう。

やってはいけないこと以外はすべて合格

もう1つ大事なことがあります。

それは「一番やってはいけないこと」を回避した結果になったのであれば、それはすべて素晴らしい結果だと自分に言い聞かせること

やってはいけないことを避けたのであれば、どんな結果であれ満足しましょう。

先ほどのケースであれば、極端に言えばバンカーに入らなければすべてナイスショットです。

「もう少し寄せたかったんだけどなぁ〜」

気持ちはわかります。欲が出ちゃうんですよね。

でも、最悪の結果を避けたことだけで、それは数打分の価値があるショットなんですよ。

だから自分を褒めてあげましょう。そして良い気分で次のショットを打つんです。

そうやって自分の許容範囲を広げていくことが、プレーに対する余裕を生むのです。

おわりに

「ショットの前は良くないイメージを持ってはいけない」という考えもあります。

やってはいけないことを考えるということは、頭の中で良くないことを考えてしまうので、それがそのまま悪い結果になってしまうということでしょう。

でも、ゴルフはミスして当たり前のゲームです。

当たり前に起きることを当たり前のように考えておく、そしてその中で最も悪い結果だけを避ける。

これだけで1ラウンド数打は変わってくるはずです。


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に


ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

このページを閉じる前に

にほんブログ村のランキングに参加中です クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
人気ブログランキングに参加中です クリックで応援お願いします!

スコアアップの考え方
\この記事をシェアする/
\ダイキチをフォローする/
スポンサーリンク
明日100を切るために今できること